18→81


主なテーマ、最近は映画ばかりになってしまいましたが、この何年か海外旅行にも興味があって、もともとは鉄道旅、高校演劇、本などが中心のブログだったのですが、年を取って、あと何年元気でいられるかと考えるようになって、興味の対象は日々移っているのです。
by natsu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
最新のコメント
記事ランキング

近況報告(手根管症候群その後)

 このブログを闘病日記のようにするのは本意ではない。ただ、身体の不調が行動の仕方や行動範囲を制約している状況があるので、一応経過報告のようなことはしておくべきだろうと思う。

 昨年12月ごろから手の痺れがひどくなり、病院で「手根管症候群」と診断されたことは前に書いた。処方された薬をちゃんと服用しているのだが、その後も症状はいっこうに改善しない。指の感覚がなくなっている感じで、握り拳が作れないし、指先に力が入らないのである。
 そうなるとどういうことになるか。タオルなどが固く絞れない、ペットボトルなどのキャップがうまく外せない、衣類のボタンがうまく嵌められない(外せない)、ライターがうまく点けられない(煙草をやめればいいだけなのだけれど)、その他いろいろ、日常生活の細々した場面で様々な支障が出てきている。字がすらすらと書けないし、パソコンのキーボードは叩けるが、叩いている間も痺れの感覚はずっとあるままなのである。

 インターネットでいろいろ調べてみると、まず「症候群」と名付けられた病気は、要するに原因もよく判らないし、有効な治療法もよく判らないものなのだと書いてあった。
 「手根管症候群」に関して言えば、指先に行っている正中神経というものが、手首にある手根管というトンネルの中で圧迫されることで起こる症状らしいのだが、その圧迫の原因はなかなか特定しにくいもののようなのだ。とりあえず、痛みや炎症を鎮めたり神経の過剰な興奮を抑える薬を飲んで、経過を見るということしかやりようがないということらしい。
 さらに症状がひどくなると、正中神経を圧迫している横手根靱帯というものを手術によって切断してしまう方法もあるらしいのだが、どうもこれはかなりリスクの大きい方法のようで、あまり確立した治療法とはなっていないということのようだ。

 わたしとしては、病名が明らかになった時点で見通しが立ったものと速断していたが、どうやらそんな簡単なものではなかったようなのだ。
 きょう病院へ行ったら、当面「リリカ」という薬を少し増量してみましょうということになった。わたしは短気だから、何でもいいから即効性のある対症療法を願いたいところなのだが、それがリスクを伴うものであっては(手術しても痺れが必ず直るとは言えないらしい。また、それによって新たな不調=後遺症が生じる場合もあるらしい)、早くやってくださいとはなかなか言えない気がするのである。
 現代医学ですっきりした見通しが立たないのであれば、整体などの民間療法も考慮してみる余地があるかもしれないと考え始めているのだが、これはもう少し検討が必要な気がする。

 いずれにしても、もうしばらくはこの許し難い症状と付き合っていかなければならないようだ。痺れがひどくなってからは、何をおいてもこれが解決しなければどうにもならないという気分になっているが、依然として膝や肩の痛みもなくなったわけではないし、何の因果か、まあとにかく困った事態になってしまったものである。
 こんなことでは、簡単に鉄道旅の計画も立てられなくなってしまった。このまま、気ままな一人旅ができなくなってしまうことだけは避けたいと思っているが、どうなるかはいまの時点では判らないのである。少しでも先が見えれば救われるのだが、それが見えないのは何とも癪に障るがどうにもならない。仕方なく読書をしていても、本を持つ手の痺れが気になってしまうのである。

 こんなふうに書いたところでどうなるものでもないから、やはり書かない方が良かったかとも思ったが、もう書いてしまったのだから一応アップすることにする。だが、読者の皆さん、断固、心配無用ですからね。
by krmtdir90 | 2016-02-01 21:38 | 日常、その他 | Comments(8)
Commented by yassall at 2016-02-02 18:52
心配するなといわれても心配ですね。今回はさすがのnatsuさんも観念して医者通いをしているようなので、気長に治療に専念して下さい。以下は雑音ですが、私の場合は鍼灸はまったく効果なしでしたが、整体は肩の痛み、座骨神経痛には効きました。腰の痛みも楽になりました。人によって何が効果があるかは違うようです。あと、心因性の原因については考慮の必要はないですかね?
Commented at 2016-02-03 00:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by natsu at 2016-02-03 10:02 x
Yassallさん、いろいろご心配いただきありがとうございます。

年齢を重ねると、身体のあちこちにいろんな不具合が出てくるのは仕方がないことなのかもしれませんね。これまでそういうことがなかったので、ほとんど考えたこともなかったのですが、その痛みとか痺れとかいった症状に対して、現代医学がなかなか根本的な対応を示せないでいることが判ってきました。鍼灸は考えていませんでしたが、整体は考慮してみる価値があるかなと思っています。ただし、民間療法なので当たり外れもあるだろうなと、そのあたりが検討の必要なところだと感じています。
Commented by Mh at 2016-02-05 02:36 x
一番自在に動かせるはずのものが自由にならないのは、辛いですね。お大事になさって下さい。
Commented by natsu at 2016-02-05 09:41 x
Mhくん、ありがとう。
早くなんとかして、ローカル線に乗りに行きたいよ。
Commented at 2016-03-06 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by krmtdir90 at 2016-03-07 10:22
Mhくん、心配してくれてありがとう。
先月から整体に通い始めたところ、身体全体が非常に固くなっていると言われ、とにかくこのまましばらく整体を続けてみて、気長にやるしかないかなと思っています。
指先に痺れがあると、文字がちゃんと書けないので困ってしまいます。でもキーボードは打てるので、かなり救われる感じです。
Commented by Mh at 2016-03-07 22:13 x
よくなる方向で何よりです。
最近背筋起因で手に痺れが出るので、整体もどうかなとかおもってます。
<< 「タモリと戦後ニッポン」(近藤正高) 「モナドの領域」(筒井康隆) >>


カテゴリ
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル