18→81


主なテーマ、最近は映画ばかりになってしまいましたが、この何年か海外旅行にも興味があって、もともとは鉄道旅、高校演劇、本などが中心のブログだったのですが、年を取って、あと何年元気でいられるかと考えるようになって、興味の対象は日々移っているのです。
by natsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
最新のコメント
記事ランキング

映画「焼肉ドラゴン」

e0320083_2215537.jpg
 鄭義信(チョン・ウィシン)監督は、すでに演劇分野で劇作家・演出家として確固たる位置を占めている人である。同時に映画にも数々の脚本を書いていて、これもまた高い評価を得てきた実績がある。しかし、映画を監督するのは初めてだったようで、この映画は2008年に初演されて評判になった自身の舞台の映画化なのである。
 わたしは元になった舞台を見ているわけではないが、こうしたかたちで作られた映画というのは大いに興味があった。今回、いろいろあって鑑賞から日にちが経ってしまったが、少し記憶がぼやけてくると、映画を見たというより舞台を見たような印象が残っているのである。もちろん映画なのだから、アップとかカット割りといった映画の様々な技法が駆使されている。一定の距離から舞台全体を視野に入れるという、演劇を見る場合とはまったく違っているのだが、何か普通の映画を見ている感じとは明らかに異なるところがあったような気がした。

 映画化に当たって独自のシーンも付け加えられて、映画の脚本としてしっかりリライトはされたようだが、たぶん根っこに舞台に向けて作られたものがいろいろと残っていたのだと思う。それは恐らく、セリフに最も強く表れていたのではないか。登場人物の喋るセリフが、たぶん芝居のセリフのまま使われたところが多かったのではなかろうか。
 言うまでもなく、芝居のリアリティと映画のリアリティとは全然違うものだし、それは何よりセリフのあり方に強く表れてくるものなのだと思う。父(アボジ)の龍吉が何度も口にする「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」というようなセリフは、芝居の中では自然に成立するものでも、映画ではやや言い過ぎの感じに聞こえてしまうのである。映画としては少しやり過ぎではないかというところが、セリフだけでなく、演技全般にもけっこう目についたように思う。それはたぶん、舞台では何の違和感もなく受け入れられてきたものなのだろう。

 映画を見ながら、わたしはこの何となく普通の映画とは違う感覚を楽しんでいたと思う。これが、舞台の人間である鄭義信の感覚ということなのだ。彼は映画を撮りながら、その先に舞台のイメージを見ている(舞台の感覚で生きている)のだろうと感じた。演劇として一度しっかりと出来上がったものを、映画としてもう一度作り直す過程が想像されるのが興味深かった。

 長回しが多いというのは、明らかに舞台の感覚を映画の中に持ち込んだものだろう。撮影の現場で鄭義信監督は、シーンごとに全体をきちんと作り上げてから撮り始めたらしい。各シーンが演劇の演出のようにして作られた感じというのは、映画の各所で感じることができた。それがこの映画のユニークさであり、他に見られない面白さになっていたのではないだろうか。
 一方で、映画としてはアップが普通よりも多用されていたと思う。舞台では役者をアップにすることはできないから、映画を撮るとなった時、鄭監督がそれを可能な限り活用したいと考えたのは判るような気がする。切り返しの使い方などで若干ぎこちないところはあったが、この映画の役者たちがみんな鄭監督のアップの要求にしっかり応えていたのは見事だった。舞台の役者には舞台の役者としての苦労があるだろうが、基本的には演劇的なセリフを与えられながら、映画的なアップでそれを具現化して見せた役者たちは立派なものだったと思う。

 主な配役を次に記録しておく。家族、父(アボジ)・龍吉:キム・サンホ、母(オモニ)・英順:イ・ジョンウン、長女・静花:真木よう子、次女・梨花:井上真央、三女・美花:桜庭まなみ、末っ子・時生:大江晋平。娘たちの相手、哲夫:大泉洋、呉日白:イム・ヒチョル、長谷川:大谷亮平。その他、呉信吉:宇野祥平、美根子:根岸季衣。書き写していて、それぞれの演技の記憶が甦ってくると、やはり舞台で見た配役という感じがしてしまうのが不思議である。
 セットが素晴らしかった。舞台ではどういうふうだったのかは知らないが、映画のセットでありながら、演劇のセットのような雰囲気を漂わせているところが絶妙だった。最後の屋台崩しは演劇の発想だと思うが、映像として映画そのものになっていて感心した。

 今回は、内容にまったく触れていない感想文になってしまった。まあ、時にはそういうことがあってもいいだろう。貧しい家族の物語としては、韓国的な感性が身近ではないぶん、「万引き家族」の方により共感を覚えてしまうのは仕方がないことだろう。
(MOVIX昭島、6月26日)
by krmtdir90 | 2018-07-01 22:02 | 本と映画 | Comments(0)
<< 映画「女と男の観覧車」 パソコン復活!(感想文の行方) >>


カテゴリ
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル