18→81


主なテーマ、最近は映画ばかりになってしまいましたが、この何年か海外旅行にも興味があって、もともとは鉄道旅、高校演劇、本などが中心のブログだったのですが、年を取って、あと何年元気でいられるかと考えるようになって、興味の対象は日々移っているのです。
by natsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
最新のコメント
記事ランキング

中国の旅①往路・重慶~閬中(2018.9.3)

 今回の旅は中国である。海外旅行に興味を持った以上、近くの国だから一度は行っておきたいと思っていたところ、面白そうなツアー案内が来たので、急遽申し込みをした。タイトルは「四川屈指の古城閬中(ロウチュウ)と秋の長江三峡の旅」というもので、マイナー好みのわたしの嗜好にも合っている気がした。中国で古城とか古鎮(こちん)と言うと、歴史のある古い家並みが残っている町や村ということで、閬中(ロウチュウ)は日本ではあまり知られていないが、かの国では「中国4大古城」の一つに数えられているということらしい。ツアーはまずこの閬中古城を訪問する。

9月3日(月)

e0320083_1564895.jpg
 成田集合が午前8時だったので、八王子駅5:55発の成田エクスプレスで行くことにして、切符を取った。ところが、集合場所の成田第3ターミナルというのは、空港第2ビル駅からかなり離れたところにあって、シャトルバスを使って移動しなければならないことが後になって判った。行ってみたら、バスで空港の外れのようなところに連れて行かれ、そこには急ごしらえのプレハブのような建物が建っていた。

 結局、集合時間には10分ほど遅れてしまった。
e0320083_1572317.jpg
 目的地・重慶への直行便は、春秋航空日本というLCC(格安航空会社)のみが運航しているので、今回はこれを利用するのである。第3ターミナルは、ターミナルとしてはコンパクトな作りだったから、中をあちこち歩かされることがないのは良かった。手続きを終えて搭乗口に行くと、待っていたバスでかなり離れた飛行機のところまで運ばれ、タラップを使っての搭乗になった。

 春秋航空日本IJ1021便は10:00に成田を飛び立った。
 LCCなので機内は狭く、座席はエコノミーのみ、前後左右の間隔も普通のエコノミーより狭いように感じられた(窓際は本当に壁に押しつけられているように見えた)。ツアー客は事前に通路側に集められていたようで、景色は見えなかったが、少しだけ余裕がある感じで救われた。ただし、モニター画面などもついていないから、往路の飛行時間5時間15分というのは、わたしには耐えられる限界のような気がした。
 機内食などのサービスもなく、ちょうどお昼時にかかるので、旅行社が機内販売から一括購入するかたちで、簡素な牛丼弁当のようなものが配られた。食べるしかないから食べたが、率直に言って非常に不味かった。因みに、メニューで食事と呼べるものは、これとカップヌードルの2種類しか用意されていないらしく、帰路の夕食はカップヌードル(シーフードだった)になった。まあ、それでもカップヌードルはカップヌードルなわけで、狭苦しい飛行機の中でそれを食べるというのも、それはそれでなかなか珍しい体験ではあった。

 機内でマイナス1時間の時差修正を行い、飛行機は14:15に重慶の飛行場(重慶江北国際空港)に到着した。
e0320083_1575769.jpg
 セキュリティチェックはやはり厳しい感じだったが、混雑していたわけではないのでそんなに待たされることはなかった。↓この右手がスーツケースの受取所。
e0320083_1582670.jpg
 現地ガイドと合流して外に出る(この間の空港の写真がない!)。外には24人乗りの中型のバスが待っていた(↓この左に後部が写っている)。
e0320083_159030.jpg
 10人+2人(添乗員・ガイド)のこぢんまりしたツアーなので、バスはすぐに発車した。空港の外観などはうまく写せるチャンスがなかった。
 天気は曇り。気温と湿度がかなり高く、事前の予想とはずいぶん違う感じだった。

 大きな通りに出た(ガラスの映り込みを計算する余裕がなかった)。
e0320083_1592814.jpg
 重慶市内を経由して、これから北方にある四川省・閬中(ロウチュウ)という町に向かうのである。天気は曇りなのだが、時折薄日が差すかと思うと、不穏な黒い雲がかかっているところもあって、間もなく激しい雨が降り出した。
e0320083_1510462.jpg
 こちらも異常気象で高温の日が続き、午後になると積乱雲が発達して、非常に変わりやすい天気になっているということらしかった。猛烈などしゃ降りで、あっという間に道路は冠水してしまい、バスは大きな水しぶきを上げながら走った。
e0320083_15104312.jpg
 少し時間がズレていたら、飛行機が着陸できなかったのではないかとガイドが言っていた。そのくらい凄い降り方だった。だが、もちろんにわか雨だから、重慶の市街地を抜けるあたりでは次第に小降りになり、
e0320083_15135734.jpg
 高速道路に乗ってしばらく行くと、雨は上がった。
e0320083_15142234.jpg
 このあと天気はめまぐるしく入れ替わった。青空が覗くかと思うと、一転、黒い雲に覆われて雨が窓をたたいたりした。

 重慶と閬中とは300キロほど離れているというが、主に高速道路を使った移動だったので、車窓の風景はあまり面白いものではなかった(窓ガラスが雨滴で曇ってしまうことも多かったし)。途中幾つかの市街地を通り過ぎたが、どこも急速に整備されたと思われる高層マンションの林立が見られた。中国は日々発展しているのである。
e0320083_1515327.jpg
e0320083_15152541.jpg
e0320083_15154773.jpg
e0320083_15161178.jpg
e0320083_15163178.jpg

 途中、一回目のトイレ休憩を取ったサービスエリア(武胜服務区と言うらしい)。
e0320083_1517176.jpg
 武胜というのが地名のようだが、簡体字が使われているとよく判らない。
 こちらがトイレ。
e0320083_15172871.jpg
 われわれのバス。
e0320083_15175578.jpg
 こちらの車は左ハンドル、右側通行である。
e0320083_15182560.jpg

 結構大きな町を通過した。南充市と言うらしい。
e0320083_151904.jpg
e0320083_15192742.jpg
e0320083_15195053.jpg
e0320083_15201548.jpg

 2回目のトイレ休憩。西充服務区とある。
e0320083_15205257.jpg
 付設のガソリンスタンド。
e0320083_15212176.jpg
 ゴミ箱と一体になった灰皿。
e0320083_15215092.jpg
 夕陽。
e0320083_1522238.jpg
 間もなく午後7時である。中国では国内で時差を作っていないから、北京を基準にすると、西方のこのあたりでは、感覚的にはさらにマイナス1時間という感じになるような気がした。

 閬中インターチェンジで高速を降りた。
e0320083_152369.jpg
 「張飛牛肉」という大きな広告看板が掛かっているが、これはビーフジャーキーのようなこのあたりの名産品のようだった。閬中は「三国志」で有名な蜀の将軍・張飛の最期の地なのである(現地に行ってから知った)。

 午後7時40分ごろ、ようやく宿泊するホテルに到着した。
e0320083_15234598.jpg
 錦元張飛国際酒店という。
 前の道路を隔てて長江の支流である嘉陵江(かりょうこう)という川が流れ、川沿いに遊歩道が整備されていた。
e0320083_15241231.jpg
 この日はそのままホテル内のレストランに直行した。
e0320083_15243753.jpg
 ホテルのロビーに並んでいた奇妙な置物。
e0320083_17532588.jpg
 何か動物のようだが、何なのか聞かなかったので判らない。表情などは全部異なっているようだった。
e0320083_17535889.jpg

 この日は基本的に移動ばかりで、写真も少ないので、ちょっと地図を使って簡単に今回のコースを確認しておきたい。
e0320083_15251828.jpg
 青い下線を付けたところが関係する都市である。まず左方にある重慶に飛行機で入り、北方の閬中まで移動した。ここで3連泊し、明日(2日目)は閬中市内の見学、明後日(3日目)はさらに北方の江元まで往復する。4日目は閬中を後にして大足(だいそく)を経由し、重慶に戻って長江下りのクルーズ船に乗船する。この晩から船中に3泊して長江を下り(地図では右方に移動する)、途中何カ所かの上陸観光をして、6日目の夜に三峡ダムに至る(地図にダムの表示はないが、中央やや右寄りにある宜昌の西方となる)。7日目の朝、下船してダムを見学したのち、宜昌を経由して岳陽まで行って1泊。8日目は長江沿いを見学しつつ武漢に移動し、ここで連泊。9日目は武漢市内の見学。10日目の午後、武漢から直行便で帰国、となっている。
 中国には「3大ボイラー」と言われる気温が高くなる都市があって、重慶・武漢・南京がそれだったことを現地に行ってから知った。今回のツアーは、ほぼこの高温地帯をずっと移動していたことになる。雨が降って比較的しのぎやすい日もあったが、少しでも晴れると気温がぐんぐん上がり、たくさん水を飲み、たくさん汗をかくことになった。
by krmtdir90 | 2018-09-16 15:25 | 海外の旅 | Comments(0)
<< 中国の旅②閬中古城(2018.... 映画「1987、ある闘いの真実」 >>


カテゴリ
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル