18→81


主なテーマ、最近は映画ばかりになってしまいましたが、この何年か海外旅行にも興味があって、もともとは鉄道旅、高校演劇、本などが中心のブログだったのですが、年を取って、あと何年元気でいられるかと考えるようになって、興味の対象は日々移っているのです。
by natsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
最新のコメント
記事ランキング

明日はリハーサル

 コピスみよし高校演劇フェスティバルは、明日がリハーサルである。
 朝から一斉に道具の搬入をして、後は日程に従って、各校90分で照明を始め様々な確認を行っていく。本番前の、一番スリリングな時間である。
 わたしは現役ではないのだから、行ったところで何か役割があるわけではないが、その雰囲気を味わいに、ちょっと覗きに行ってみたいと思っている。

 各校とも、今日は荷造りをして、運送屋のトラックに道具の積み込みをしたはずである。道具はトラックの中で一夜を明かし、明日の朝一番で、コピスみよしの搬入口に横付けされる段取りになっている。
 現役顧問だった頃、この道具送り出しの晩が好きだった。

 この日まで、ずっとそこにあった大道具や小道具、衣裳やその他様々な小物たちがすっかり運び出され、がらんとした稽古場で最後のミーティングをする。
 何もないその空間が、いろいろなことを思い出させる。スタートは、この何もない空間だったのだ。そこから、たくさんの時間を費やし、いろいろなやり取りをして、いろいろなものを作ってきた。それらすべてが、とりあえずすべて終わったのだ。

 翌日のリハーサルのことを考えると、思いにひたっている余裕はなく、ミーティングは大体がせわしない確認に終始してしまうのだが、そのミーティングが終わり、みんながバラけて、それから部屋の明かりを消すまでの僅かな時間。
 上演ということに関して言えば、まだ何一つ始まってはいないし、何一つ完結してはいない。それなのに、ここでの時間はもう終わってしまって、二度と取り戻すことはできないという感覚。

 結局、いつもやり残したことが一杯あるような、でもまあいいかと、いろんなものを断ち切る感じで部屋を後にする。
 そして翌日、あのワクワクするリハーサルの時間が始まるのだ。リハーサルには、これまでのすべてが詰まっている。これまでのすべてが表れる。

 わたしはもう現役顧問ではないから、ただ見ているだけだ。がんばれ、若者。


 
# by krmtdir90 | 2013-06-14 22:16 | 高校演劇、その他の演劇 | Comments(2)

コピス高校演劇フェスが近づいてきた

 コピスみよし高校演劇フェスティバルが近づいてきた。きょう、わたしのところに出演6校の上演台本が届いた。

 現役を退いた数年前から、アドバイザーという、何だか身の丈を超えた位置に祭り上げられて、毎回「感想文」なるものを書くことが恒例となってしまっているのだ。
 審査する訳じゃないのだからと、気楽な気持ちで引き受けてしまったのだが、だんだん重荷になってきているのも事実で、でもそうして、過去の人間にも十分すぎる役割を振ってくれる現役実行委員の面々には、やはり感謝以外の言葉はない。

 ただ、これまでだと本番の日に、舞台を見てから台本をもらっていたのだが、今回は事務局の棟居さんが気をきかして、事前に送ってくれたということのようだった。
 地区審査の時には、事前に台本をもらうのは普通のことで、前もって全部読んでから会場入りするようにしていた。だが、コピスでは前もって台本を読むのは初めてのことだった。
 そして今回、審査の時とコピスとの大きな違いに気付いたのである。

 地区審査の時は、校数も多いからか、全部の台本を読むのは結構重荷の感じもあったのだが、今回は、6本を一気に読んでしまった。読むのが面白かった。
 結局、期待値が違うのだと思った。楽しみ!という感じが、コピスは非常に強いと思った。
 それぞれの学校のこともかなり知っているから、台本を読みながら、この本をどう料理するつもりだろう、ここのところをどう演じるつもりなのだろうと、期待(と不安)はどんどんふくらむ感じだった。

 「コピス」は、われわれみんなが育ててきた、コンクールではない、大切なフェスティバルである。だから、出演する学校にとって、その舞台に立つということは、普段の大会とは違った「特別な」ことなのであり、いまは見る側に回ってしまったわたしにとっても、その舞台を見ることは、やはり審査の時とは違った「特別な」ことなのだと思った。
 「コピス」では、わたしは好きなだけ期待していいし、好きなだけわがままな観客でいいのだと気付いたのである。

 各校、いまは最後の追い込みだろう。ぜひ、がんばって観客の期待とわがままに応えてほしい、とプレッシャーをかけて、でも、忙しくてこのブログ、読むヒマなんてないだろうなあ。まあ、いいか。

  
# by krmtdir90 | 2013-06-10 22:29 | 高校演劇、その他の演劇 | Comments(2)

韓国に行ってきた

 今回のツアーは「韓国縦断4日間」とある通り、往路・金海(キメ)国際空港から入り、釜山・慶州・ソウルと回って、復路・仁川(インチョン)国際空港から出るというコースで、途中、東大邱(トンテグ)・ソウル間でKTX(韓国高速鉄道)を利用したが、大半は高速道路・幹線道路を利用してのバス移動だった。かなりの距離を移動したと思う。

 まずびっくりしたのが、幹線の道幅の広さである。日本と違って2車線・3車線は少ない方で、4車線・5車線くらいが標準、どこだったか大きな川の橋の上は9車線か10車線か(片側の話です)数え切れなかった。
 バスを優先するレーンがあるようで、ずいぶんスピードも出していたと思う。
 走っている車は、当然だが韓国のヒュンダイやKIAがほとんどで、外国車も見かけたが、日本車は全く見なかった。それと、軽やコンパクトカーも全くと言っていいほど見かけず、大半が中型車以上の大きな車だった。ふーん、そうなんだ。

 あと、至るところで大型工事をしているのが目についた。道路であったり鉄道であったり、大型マンションの建設、その他いろいろな建設や解体の現場であるらしかった。国全体が大きく動いて変化している感じがした。
 都市部では、住宅はどんどんマンションになっていて、40階だの80階だのといった高層マンションが林立している風景も驚きだった。韓国は地震がほとんどないとかで(せいぜい震度3くらいまで)、高層建築が次々に建てられているのだという。

 ガイドの説明によれば、韓国では最も高い山でも2000mに足りないのだそうで、自然の風景は総じて変化に乏しく平面的な印象を受けた。道路が山間部に入ってきたなと思っても、山の姿はなだらかで、少し行くとすぐに田畑や人家が見えてくるという感じだった。
 山あいの海印寺というところに行った時、バスが上っていく細い道沿いに川が流れていたのだが、ガイドが(ガイドは韓国人で、非常に優秀だったと思う)美しい渓谷があると誇らしげに言っていたが、申し訳ないが、この程度の流れと岩場は日本ではそこら中に転がっていると思った。

 セブンイレブンがあちこちにあった。ホテルの冷蔵庫に入っている飲み物はバカみたいに高いから、買い出しに行った。マークは同じでも、中の様子は少しずつ違っている感じで、無論売っているものも日本とは違っていた。
 日本ならどこにも置いてあるウィスキーのポケット瓶が、こちらのセブンイレブンにはどこにもなく、寝酒はビールになってしまった。単純な塩味のピーナッツもなかった。店員がひどく無愛想な店もあったが、言葉が通じないのだから、無愛想ということではなかったかもしれない。
 それから、レシートを見て判ったのだが、消費税は10%だった。

 さて、少し写真を載せておくことにする。世界遺産を回ったとは言え、そういう写真は載せても仕方がないから、少し毛色の違ったものをセレクトしてみよう。

 最初は、わたしが老眼鏡を作ってしまった眼鏡屋がある、釜山・国際市場の入り口近くの様子。偶然人が途切れているが、もっと人はいて雑然としていた。
e0320083_1961341.jpg

 次は、慶州の夜のオプションで行った、その時は名前もよく知らなかったが、ライトアップされた庭園。家に帰って調べてみると、新羅の宮殿跡の建物と池を復元したもので、池は雁鴨池(アナプジ)と言うのだという。確かに水面に映ったライトアップが非常に美しく、普通はさざ波が立ってしまうことが多く、こんなにきれいに映っているのは初めて見たというガイドの言葉を、素直に信じていいような気がした。
e0320083_19151351.jpg
 実はここ、夜にもかかわらず駐車場に観光バスが何十台も停まっていて、人が溢れていた。大半が修学旅行中の小中学生と言うことで、↓こんな風に、座って先生の説明を聞いて、それから池の周りを歩いていた。とにかく騒がしかったが、修学旅行と聞いては許すしかないと思った。自分も昔、引率しながらあちこちで迷惑をかけていたはずだから。
e0320083_19262328.jpg

 次は、慶州の古墳公園にあった、瞻星台(チョムソンデ)という、7世紀・新羅の東洋最古という天体観測所。世界最古はどこにあるのだろう。
e0320083_20445756.jpg

 韓国高速鉄道(KTX)は楽しみにしていた。発車時刻が決まっているから、こういう場合バスは早めに到着して、20分ほどの自由時間ができた。ここは妻とは別行動しかない(彼女はこの間にアイスクリームを食べたと言っていた)。
 外に出て、少し歩いてみてから駅に戻った。↓これが、東大邱(トンテグ)駅の外観。
e0320083_20531341.jpg
 駅前にあった喫煙所。ここで、韓国の人たちと一緒に煙草を一本吸った。中に、喫煙中の迷彩服の若者が2人いた。この迷彩服は日本で見るような馬鹿げたファッションではない。本物なんだと思うと複雑な気持ちになった。
e0320083_20562392.jpg
 次は、駅構内の様子。ここにも迷彩服がいる(右側の2人)。日常の中に、ごく自然にとけ込んでいる感じだった。
e0320083_20591939.jpg

 ホームに入ってきた高速鉄道の列車。明るい屋外から暗いところに進入してくるので、うまく撮れなかった。
e0320083_2135035.jpg
 われわれが乗ったのは、特室グリーン車という3列シートの豪華な車両だた。左は、車内の様子。右は、天井モニターに出た駅到着の日本語表示。韓国語・英語・日本語が出るようだった。
e0320083_2171786.jpge0320083_217081.jpg













 最後は、ソウル・南山韓屋村の入り口付近で。これも教員に引率された生徒の一団。ガイドは、こちらは遠足ではないかと言っていた。後ろに見えているのは、ソウルタワー。
e0320083_21272373.jpg

 韓国の旅行記(雑記)は、これで終わり。韓国のことは全然詳しくないし、歴史的建造物を見ても、うーむと言う感じで終わってしまった気がする。まあ、仕方がないか。
# by krmtdir90 | 2013-06-08 21:30 | 海外の旅 | Comments(0)

韓国(初めての海外旅行)

 6月2~5日、トラピックスのツアーで妻と韓国に行ってきた。
 実は、わたしは初めての海外旅行だったのである。
 これまで、旅行ということになると、どうも海外の方には全く気持ちが動かず、妻は独自に連れを探して出掛けていたが、わたしは国内のみで十分満足していたのである。いまでもその気持ちに変化はないが、そこはまあ、お互い歳も取ってきたことだし、一度ぐらいは付き合って行ってもいいかという気分になってきた、というようなことである。

 飛行機というものがどうも好きになれない、ということもあった。国内ツアーでも、飛行機を利用するのには一度も行ったことはない。でも、そんなことばかり言っているのもそろそろ大人げない年齢になってしまったし、まあ、覚悟を決めた。

 行ってみたら、結構面白かった。それなりに楽しんできた。プサン(釜山)の国際市場で、60000ウォン(約6000円)で老眼鏡を作ってしまった。30分くらいの散策時間の間に、観光客相手に、検眼からすべててきぱきとやってしまうのには驚いた。
 でも、飛行機はやっぱり好きにはなれなかった。

 したがって、パスポートもこの歳になって初めて取得した。10年だと16000円で、5年だと11000円という極端な割高感が納得がいかず、なりゆきで10年にしてしまった。すぐにバカだなあと思ったが、後の祭りである。

 納得がいかないと言えば、パスポート写真のこともそうである。
 顔写真を1枚用意しろと言うのだが、サイズやら何やら条件が厳しすぎて、とても個人で用意できる感じではない。立川の旅券事務所に行ってみると、すぐ隣にちゃんと写真屋が入っていて、便利になっていますよと言いたいらしいが、これがバカみたいに高い。

 カラーにするか白黒にするかと聞くから、どちらでも通用するなら白黒でいいと言ったが、なぜか2枚セットしかなくて、確か1500円だった。1枚しか必要ないのに2枚にして、高い値段で売りつけるという悪どい商売である。
 しかも、独占的に窓口とタイアップしているようなのが許せない。だが、写真がなければパスポートは貰えないのだから、一般的にはここで撮るしかないのである。
 運転免許のように発行する側で撮影すれば済むことだし、高い費用を取るのだからそのくらいしろよと強く言いたい。5年は白黒、10年はカラーとか。

 なかなか韓国の話にならなくて申し訳ないが、成田は遠い。行くだけで疲れてしまった。帰りは、代々木で人身事故とかでJRが遅れた。
 羽田でも感じたことだが、飛行機というのは搭乗手続きやら何やら、行きも帰りもえらく時間がかかる。それに、ターミナルも広すぎる。ずいぶん歩き、ずいぶん待たなければ乗降が終わらない。鉄道で30分待ち時間があればずいぶんいろいろなことができるが、空港では出入りの自由もなく、乗ってしまえば、離陸まで結局30分ぐらいは軽く待たされる。

 国際線は初めてだから、機内食というのも初めて経験した。
 ただでビールをくれるのはいいとしても、狭いところで食べにくいし、ただだからジュースよりビールを頼んでいるような気がして、何だかさもしい感じがしてくつろげなかった。どうせ代金に入っているのだし、それなら必要に応じてお金を払い、自分で選んだ駅弁とビールを列車の中で食べる方が、わたしの好みには合っている。

 飛行機の、狭いところに押し込められる感じも好きになれなかった。狭さは新幹線の比ではないし、上のクラスの客を先に乗せて、下のクラスの客は後から乗せるというのも、そうしなければならない理由がよく判らない。

 いつまでたっても韓国の話にならなくて、きょうは一日疲れがまだ抜けない感じがして、まあ韓国の話というか、韓国の感想はまた気が向いたらすることにして、きょうはここまで。
# by krmtdir90 | 2013-06-06 21:52 | 海外の旅 | Comments(6)

北海道の旅⑧室蘭本線(2013.5.24)

 *読んでくださる方、できれば①から順番に読んでくださると嬉しいのですが。

 帰る日になって、天気は回復した。
 朝の岩見沢駅前。
e0320083_13425851.jpg

 きょうは、室蘭本線の普通列車で苫小牧まで行く。
 室蘭本線は、岩見沢から苫小牧、東室蘭を経由して長万部までで、途中の東室蘭・室蘭間は支線のような形になっている。現在、長万部・苫小牧間は、函館と札幌を結ぶ大動脈の一部になっているが、すべての主要列車が千歳線の方に行ってしまうので、苫小牧・岩見沢間は、普通列車だけが行き来する独立したローカル線のようになってしまった。この区間を辿ってみる。

 岩見沢9:08発のキハ40形、2両編成が入線してくる。
e0320083_144358.jpg

 志文(しぶん)駅。9:16発。
e0320083_14253858.jpg

 途中までは非電化の単線。
e0320083_14265531.jpg

 栗沢駅。9:21発。
e0320083_14275158.jpg

 途中、畑や林が続くところもあるが、基本的に人家が途絶えることはない。道路にもいつも車の姿があり、大体が開けたところを行く。
 運行本数は少ないのだが、乗降客もあり、利用する人はいるようだ。

 由仁(ゆに)駅。9:37発。
e0320083_14314226.jpg
 列車交換があったが、このあたりから複線になっているようで、待ち時間はほとんどなかった。

 古山(ふるさん)駅。9:42発。
e0320083_14371646.jpg
 前の道に、お婆さんが小さく写っているが、この列車から降りていった大切な利用者の一人。

 追分駅。ここは石勝線と交差する駅で、構内は広い。
e0320083_14442256.jpg
e0320083_1445935.jpg
 向かい側のホームに、石勝線の普通列車が入ってきた。
e0320083_14454824.jpg
 5分停車で、10:00発。

 安平(あびら)駅。10:06発。
e0320083_14482521.jpg

 早来(はやきた)駅。10:12発。
e0320083_14494156.jpg

 沼ノ端(ぬまのはた)駅。10:26発。ここから苫小牧を経て東室蘭まで、複線で、なおかつ電化された区間となる。
e0320083_14507100.jpg

 苫小牧駅。10:35着。
e0320083_14533432.jpg
 駅前に出て、煙草を一本吸った。今回の鉄道の旅は、ここまでで一段落ということになる。
e0320083_14564124.jpg

 [帰路]
 苫小牧11:20発、スーパー北斗10号(室蘭本線→函館本線)、函館13:52着。
e0320083_1525268.jpg

 函館13:56発、スーパー白鳥34号(江差線→津軽海峡線)、新青森15:56着。
e0320083_1554290.jpg

 新青森16:15発、はやぶさ14号(東北新幹線)、東京19:48着。
e0320083_1581249.jpg

 
 
# by krmtdir90 | 2013-06-01 15:27 | 鉄道の旅 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル