18→81


主なテーマ、最近は映画ばかりになってしまいましたが、この何年か海外旅行にも興味があって、もともとは鉄道旅、高校演劇、本などが中心のブログだったのですが、年を取って、あと何年元気でいられるかと考えるようになって、興味の対象は日々移っているのです。
by natsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
天津小湊温泉(2019.1...
at 2019-01-18 17:18
映画「共犯者たち」
at 2019-01-17 23:59
映画「彼の見つめる先に」
at 2019-01-14 20:24
月と金星
at 2019-01-02 17:28
手術と禁煙
at 2018-12-29 16:36
映画「ガンジスに還る」
at 2018-12-28 20:44
高校演劇2018・関東大会栃..
at 2018-12-27 18:03
映画「マイ・サンシャイン」
at 2018-12-21 17:32
伊東温泉(2018.12.1..
at 2018-12-20 23:59
映画「僕の帰る場所」
at 2018-12-17 18:06
最新のコメント
記事ランキング

分水嶺

 千曲川は日本海に注いでいる川である。長野県内の様々な川の流れを集め、県境を越えて新潟に入ると信濃川と名前を変える。信濃の国を流れている間は千曲川で、越後の国に入ってから信濃川になるというのが面白い。

 この川の源流は甲武信岳という山にある。この山の名前は、甲斐の国・武蔵の国・信濃の国の頭文字を取ったものだという。
 この山を源流としている川は千曲川の他にもある。甲斐の国に流れ出るのが笛吹川で、これは山梨県内で富士川と名前を変え太平洋に注ぐ。武蔵の国に流れ出る川は、埼玉県内ほとんどの川の流れを集めて東京湾に至る荒川である。

 つまり、この甲武信岳は分水嶺になっていて、この山に振った雨水は、ほんの少しの位置の違いで、日本海と太平洋とに流れる先が変わってしまうのである。
 この、日本海と太平洋とに分かれる分水嶺というのが、いつ頃からか妙に気になるようになった。
 東京や埼玉といった、関東平野とその周辺に住んでいる人間にとって、川というのはいつも同じ方向に流れ、最終的にはみんな太平洋に注ぐものというのが、体に染みついている感覚というか、考えるまでもない当たり前のことだったのだが。

 中央高速というのは、全区間が分水嶺のこちら側、つまり太平洋に注ぐ側を走っているのだが、韮崎を過ぎて、小淵沢、諏訪、岡谷といったあたりで高速を降りて、ちょっと北に向かう道を辿ってみると、すぐにこの分水嶺というものを実感することが出来る。
 分水嶺は、先の甲武信岳から金峰山・野辺山高原・八ヶ岳・蓼科山・霧ヶ峰とつながっている。

 諏訪南または諏訪ICで降りて少し行くと、茅野から上田に抜けて行く大門街道(国道152号)というのがある。白樺湖のある大門峠までが上り、その先が下りになる。
 峠までは、白樺湖から流れ出る小さな川筋を行く。これは一旦諏訪湖に入り、そこから天竜川となって太平洋に注いでいる。
 峠の先のヘアピンを過ぎるとまた小さな川筋に沿うようになるが、ここで流れの向きが逆になるのだ。この流れは上田の手前で千曲川と合流し、日本海に向かっている。

 だからどうなんだと言われそうな気もするが、どちらもまだホントに小さな流れで、お互いの距離もほんの少ししか離れていないのに、その向かう先が全く違ってしまっているということ、それは何かこう、ひどく不思議で感動的なことのような気がするのだ。
 川の流れで太平洋側と日本海側が分かれているという、発見というのはちょっと大袈裟かもしれないが、この視点はなかなか面白いと感じている。

 鉄道であちこち行くようになると、鉄道というのは川筋に沿って敷設されることが多かったから、峠を越えて川の向きが変わるという場面にも出会うことができる。
 サンライズ出雲で松江の方に行く時、岡山でサンライズ瀬戸を切り離し、夜が明けて姫路から伯備線に入って行くのだが、岡山・鳥取の県境で分水嶺を超えることが、寄り添う川の流れでよく判るのである。
 下りの中央本線で行くと、岡谷までは太平洋側だが、塩嶺トンネルを抜けて塩尻に出ると日本海側になる。線路はその先、中山道(木曽路)沿いに南西に向かって行くが、宿場のあった奈良井までは日本海側である。木曽路の難所の一つとされた鳥居峠を超えて、薮原に出ると太平洋側に戻るのである。

 何だかよく判らない文章になってしまったのでこのくらいでやめておくが、昨日、「お酒」の文章で触れた「佐久の花」は日本海側のお酒で、「御湖鶴」は太平洋側のお酒ということになる。しかし、その仕込み水となった地下水の始まりは、案外近いところにあったかもしれないのである。
# by krmtdir90 | 2013-05-16 23:30 | 日常、その他 | Comments(6)

お酒

 お酒は好きだが強くはない。むしろ、弱い方だと思う。
 お酒が強いか弱いかというのは、生来の体質的なものだと思うが、若い時は強くないのを残念に感じることもあったが、いまは弱い方であったことを良かったと思っている。

 晩酌は日本酒にしている。
 休肝日を作った方がいいという意見もあるが、我慢するのはいやだから毎日している。毎日と言っても、コップ一杯で十分だから、このペースを崩さない限り安上がりだし、健康に悪いとも思っていない。

 最近は、このコップ一杯で満足できるというのが、お酒が好きな人間にとって非常に重要な点だと感じるようになった。この程度のことだから、いろいろなことに心置きなくこだわることが出来る。強かったらこうはいかないと思うようになった。

 いつ頃からか、生酒というものの存在を知るようになり、いまはほとんど一辺倒と言ってもいい状態である。 詳しいことはよく判らないが、要するに搾ったままの日本酒ということのようで、アルコール度数も18~19%と高めである。
 一般的な日本酒は、水を加えてアルコール度数を14~15%に調整し、出荷直前に火入れということをして品質を安定させるのだという。だから、常温で保存していいわけだが、生酒はそうはいかない。冷蔵保存が原則になる。最初の頃、それを知らずに失敗してしまったことがあるが、失敗して知る生酒のホントの旨さである。

 最近は、スーパーなどでも生酒を置いているところが出てきたが、こだわりの強い人間としては、蔵元を直接訪ねて手に入れるのを基本にしたいと考えている。
 ドライブの途中で、その土地の小さな蔵元を捜すのはなかなか楽しみなことなのだが、家族の共感を得るのは難しく、最近はほとんど一人で出かけるようになった。別に不満はない。

 生酒に傾倒するようになってからは、クーラーボックスを積んで行く。冷蔵庫で保管しなければならないから、しばらくは四合瓶(720ml)を買っていた。
 買っているうちに、四合瓶2本の値段で一升瓶(1800ml)1本が買えることが判ってきた。これは、どう考えても理不尽だし、四合瓶を買い続けるのは不経済だ。
 ある蔵元でその話しをしたら、一升瓶を買い四合瓶に詰め替えて保管している人がいると教えてくれた。なるほどなと思ったが、その場合、詰め替え用の四合瓶はたぶん使い回しになるわけで、すると、毎晩その四合瓶からコップに注ぐ時に、違ったラベルかラベルなしの瓶から注ぐことになるのではないか。それは何かしっくり来ないと言うか、ちょっとせこいような気がしてしまったのである。

 お酒というのはやはり気分良く飲みたいわけで、たかだか二合(360ml)得するために、そういうせせこましいことをするのは気分が悪いと思ってしまったのだ。
 結局どうしたかと言うと、専用の冷蔵庫を確保した。わが家には、まだ家族が多かった頃、大型の冷蔵庫と中型の(中の小といった感じの)冷蔵庫と、2台の冷蔵庫があって、その「中の小」の方は近ごろ必要度が低下しているので、手に入れてしまった。
 中の棚を外してしまうと、ちょうど一升瓶か3本入ることが判った。何とも好都合である。もちろんドアポケットには四合瓶も入るし、缶ビールやちょっとしたつまみを入れるスペースもある。非常に豊かな気分である。

 2本分の空きができて、最後の1本に手が付く頃になると、そろそろ買いに行かなければと思う。
 というわけで、今回は佐久の花酒造(長野県佐久市)に行ってきた。このあたりは千曲川の源流に近いところで、小さな蔵元がたくさんある。結構あちこち回ったが、結局ここのお酒が一番口に合って、このあたりの蔵元の中では絞り込まれた感じがある。JR小海線・臼田駅の近くである。

 今回は、初めて見かける「夏の直汲・純米吟醸生酒・佐久の花」というのがあって、元々出す量が少ないから、もうここにある3本で最後なのだと言う。ラベルの文字がわざと反転していて、見るからに希少性の高そうな代物である。聞くと、2700円だと言う。蔵元を訪ねて、偶然こういうのに出会うと、それだけで得をした幸せな気分になれる。
 冷蔵庫のスペースは2本分しかないから、これを2本と、いつもの「純吟・無ろ過生酒・佐久の花」の四合瓶を2本買った。鮮やかな青色の瓶にピンクのラベルが印象的である。

 車のガソリン代や高速料金を考えると、何をやっているんだという意見もあるかもしれないが、わたしはそうは思わない。外で飲むことを考えれば、安いものだと思っている。何しろ、一日にコップ1杯なのだから、ここが圧倒的な強みである。

 買ってきたらすぐに飲んで確かめたいものだが、そうはいかない。まだ途中の一本がある。
 諏訪大社・下社秋宮の門前にある、菱友醸造(長野県下諏訪町)というところで買ってきた「金紋錦純米酒・おりがらみ生原酒・御湖鶴(みこつる)」というお酒である。4月だったが、これもこの時期にしか出ないものだと言っていた。
 ともあれ、冷蔵庫に、蔵元で探してきた生酒の一升瓶が、3本並んでいることが大切なのである。
e0320083_16454424.jpg

 
# by krmtdir90 | 2013-05-15 16:51 | 日常、その他 | Comments(0)

烏山線(2013.4.8)

 烏山線の起点は東北本線の宝積寺だが、大半の列車は宇都宮発着になっている。宝積寺・烏山間は非電化の単線で、わたしの好きなキハ40形の2両編成が走っている。ただ、シートが全部ロングシートなのはちょっと残念である。

①宇都宮駅のホームに入ってくる、折り返し12:10発・烏山行きの列車。(こちらから見ると、車体はこういう塗装だが、)
e0320083_16494443.jpg

②烏山駅13:01の到着。(こちらから見ると、こういう塗装。つまり、塗装の違うキハ40形を2両連結した編成なのだ。)
e0320083_16535948.jpg

③烏山駅の駅舎と駅前の様子。
e0320083_16552282.jpg
e0320083_16555939.jpg

④途切れた線路と車止めを入れて、終着駅の雰囲気を出してみようとしたのですが。
e0320083_1705271.jpg
e0320083_1712369.jpg
e0320083_172292.jpg

⑤烏山駅13:59発の列車で戻ります。
e0320083_1742143.jpg

⑥次の滝駅で14:04途中下車。列車は行ってしまいました。
e0320083_1764686.jpg
e0320083_178628.jpg

⑦滝駅。何もない無人駅です。
e0320083_1794396.jpg
e0320083_1795676.jpg

 実は、この滝駅から徒歩7~8分のところに竜門の滝という名所があって、そこでは滝の上を烏山線の列車が通る姿が撮影できるというのです。雑誌やパンフレットなどで時々見かけるショットなのですが、いい天気なので、ちょっと撮りテツの真似をしてみようかなと。
 わたしが持ち歩いているのはニコンのコンパクトカメラで、撮りテツの方々には怒られてしまいそうですが。
 ポイントを決めて、時刻表を調べながら待ったのですが、ここは、実は撮りテツするには非常に難しい場所だということが判ったのです。滝の音が凄くて、近付いてくる列車の音が全く聞こえないのです。
 でも、まあ仕方がない。14:27に滝駅を出た烏山行きの列車が、もうそろそろ通るはずだと。

⑧これが、その一枚。何とか撮ることができました。
e0320083_17283467.jpg

⑨その後、あちこち時間をつぶして、再び滝駅。15:35発の宝積寺行きがやって来ました。
e0320083_1732999.jpg
e0320083_17322635.jpg

# by krmtdir90 | 2013-05-09 17:35 | 過去の鉄道の旅 | Comments(2)

武豊線(2013.4.3)

 武豊線は決してローカル線ではない。東海道本線・大府駅から知多半島に沿って南下する非電化の単線だが、中京圏の通勤通学の足として運転本数も多く利用者も多い。
 この線が注目されるのは、何よりもその歴史の古さによる。東海道本線の建設資材を運搬する目的で、明治19年(1886年)に開業している。その頃からの古い施設が残っているというのだ。

 まず終点の武豊まで行って、大府に戻る途中2つの駅で途中下車した。

①終着駅・武豊駅
e0320083_14324828.jpg
e0320083_14331443.jpg

②半田駅
e0320083_14392747.jpg

 ↓ ホームの屋根は木造の重厚なもの。ベンチもいい感じ。
e0320083_1442161.jpg

 ↓ 駅舎の外観はどうということはないのだが、
e0320083_14485942.jpg

 ↓ 跨線橋は明治43年(1910年)に作られたもので、渡って行く途中に「JR最古」という説明が掲示されている。また右手には、煉瓦造りの危険品庫(ランプ小屋)も残っている。
e0320083_14571720.jpg

③亀崎駅
e0320083_14585896.jpg

 ↓ ここの駅舎は開業当時からのもので、国内最古の駅舎と言われている。まずホーム側から見たところ。ベンチも木製。
e0320083_1534292.jpg

 ↓ 駅前の様子。小さな本屋があることに、訳もなく感動。
e0320083_156280.jpg

 ↓ 駅舎の外観。雰囲気を写し取ろうといろいろ撮ってみたが、どれもイマイチ。難しい。
e0320083_15113540.jpg
e0320083_15122983.jpg
e0320083_15125229.jpg

# by krmtdir90 | 2013-05-09 15:15 | 過去の鉄道の旅 | Comments(4)

駅・4(美濃赤坂駅2013.4.3)

*たまっている写真を整理しますシリーズ。

 東海道本線には、岐阜県の大垣駅から分岐する美濃赤坂支線というのがある。たった二駅だが、終着の美濃赤坂駅に行ってきた。

①大垣駅の片隅に、折り返しの支線ホームがある。
e0320083_22313446.jpg

②ホームに入って来た、折り返し美濃赤坂行き2両編成のワンマン電車。
e0320083_22392527.jpg

③発車してしばらくは東海道本線下り線路と併走するが、やがて右へ(北へ)分岐していく。
e0320083_2242353.jpg

④終点・美濃赤坂駅の構内に入って行く。大垣から僅か7分。
e0320083_22452184.jpg

⑤貨物輸送で栄えた時代があったようで、構内は広いが無人駅だ。
e0320083_22494364.jpg

⑥古い木造の駅舎と駅前の様子。広場はないが、朝夕の利用者はかなりいるようで、自転車置き場にはかなり自転車が止まっていた。
e0320083_22551836.jpg
e0320083_22555430.jpg
e0320083_22562597.jpg
e0320083_22565621.jpg

⑦車止めのあたりに、ちょうど桜が咲いていた。
e0320083_2259252.jpg

# by krmtdir90 | 2013-05-08 23:00 | 過去の鉄道の旅 | Comments(6)


カテゴリ
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル